一般内科

  • HOME > 
  • 一般内科

内科一般

内科一般生活習慣病(高血圧、脂質異常症、高尿酸血症・痛風など)、頭痛、貧血、長引く咳、下痢・便秘の繰り返し、アレルギー疾患(気管支喘息、花粉症、じんましん等)、眠れない、更年期症状など幅広く対応いたします。
また、風邪の症状(鼻水・鼻づまり、咳・痰、喉の痛み、発熱)、腹痛、嘔吐・吐き気、下痢などの消化器症状のほか、めまい、ふらつき、動悸、胸痛、息苦しいなど、急性症状も診察・検査・治療を行います。また、初期診療(プライマリケア)の結果、高度な医療技術による検査・治療、入院加療を要すると判断すれば、当クリニックの提携先でもある総合病院や専門の医療機関を紹介いたします。
また、原因不明の体調不良で、どの診療科に通えばよいかわからないという場合も遠慮なく、お尋ねください。

生活習慣病

進行すると動脈硬化をはじめとした重大な疾患を合併するリスクが高くなり、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞などの深刻な発作を起こす可能性があります。生活習慣病は複数を合併することが多く、その場合は動脈硬化を進行させやすくなるため注意が必要です。また、糖尿病は動脈のような太い血管だけでなく、細い毛細血管にも障害を起こし、合併症も多岐に渡ります。

糖尿病

膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足、あるいは機能を十分に果たせなくなって血中のブドウ糖(血糖値)が慢性的に高い状態が続く疾患です。インスリンを産生する膵臓の細胞が壊れるⅠ型、加齢・生活習慣などによってインスリンが機能を十分に果たせなくなるⅡ型に分けられ、日本では圧倒的にⅡ型が多くなっています。初期には自覚症状に乏しく、進行すると、のどの渇き、多飲多尿、体重減少、倦怠感などの症状を起こします。動脈硬化を進行させるほか、毛細血管を障害するため失明や腎不全による透析などにつながる深刻な合併症を起こす可能性があります。
血糖値は空腹時126mg/dL、食後2時間200mg/dLを超えると糖尿病型とされ、別の日に受けた検査でも糖尿病型と診断された場合、糖尿病の確定診断となります。また、1~2ヶ月間の平均血糖値と相関があるHbA1c値が6.5以上の場合も糖尿病とされます。食事や運動などの生活習慣改善、薬物療法、インスリン療法など、原因や状態に合わせた治療で血糖値をコントロールする必要があります。

高血圧症

高血圧症血圧計で計測した際の2種類の数字は、心臓が収縮して血圧が最大になる収縮期血圧、心臓が拡張して血圧が最低になる拡張期血圧です。血圧は食事・運動・ストレスなどで大きく変化するため、リラックスできる家庭で測った血圧が最も信頼性が高いとされています。家庭血圧が最高135mmHg・最低85mmHg、診察室血圧が最高140mmHg・最低90mmHgを超えると高血圧です。高血圧が慢性的に続いていると判断されたときに高血圧症と確定診断されます。主な原因には、過剰な塩分摂取、肥満、飲酒、運動不足、ストレス、喫煙、偏食などがありますが、疾患や服用している薬剤の影響で高血圧を起こしているケースもあります。生活習慣の改善を中心に、それで十分な効果が得られない場合には薬物療法を行います。

脂質異常症

血液中の脂質が多すぎる状態です。LDLコレステロール(悪玉)140mg/dL以上や中性脂肪が150mg/dL以上の高脂血症、そして血中の余分な脂質を回収する役割を持ったHDLコレステロール(善玉)が40mg/dL未満の場合も脂質異常症とされます。早期だけでなく進行しても自覚症状がなく、血管の狭窄や閉塞を起こすリスクが高くなるため、健康診断などで脂質異常を指摘されたらできるだけ早く適切な治療を受けることが重要です。特に女性は閉経すると脂質異常症の発症リスクが急激に上昇するため注意してください。生活習慣の改善を中心に、それで十分な効果が得られない場合には薬物療法を行います。

痛風(高尿酸血症)

血液中に含まれる尿酸値が高い高尿酸血症の場合、過剰な尿酸が結晶化して関節にたまって炎症を起こすと激しい痛みを生じる痛風発作を起こすことがあります。高尿酸血症の場合、腎臓などに大きなダメージを蓄積しやすく、尿路結石などを発症するリスクが高くなってしまうため、痛風発作を起こしたことがあるかどうかにかかわらず適切な治療が必要です。また、治療で尿酸値が下がっても結晶が溶けるまでにはさらに治療が必要となるため、医師の指示を守って適切な治療を続けることが重要です。十分な水分補給、尿酸の元になるプリン体を多く含むレバーや魚卵などをできるだけ控えるといったことも不可欠です。また、飲酒や激しい運動はできるだけ控えてください。

TOPへ戻る
オンライン診療はこちら CURON
TEL:03-6456-2939 24時間WEB予約 LINEで簡単予約
WEB予約 LINEで簡単予約 CURON オンライン診療はこちら CURON